【勝手にランキング】成田空港近隣の駐車場

HOME > 成田空港近隣の駐車場ランキング情報 > 成田空港駐車場は空港の敷地内とは限らず

成田空港駐車場は空港の敷地内とは限らず

成田空港駐車場は成田空港を利用してもらう人たちのための駐車場となります。
この駐車場は成田空港の敷地内にあるのと敷地外にあるのとの2つに大きく分けることができます。
敷地内にある駐車場は空港が管理運営する会社が管理をしています。
対して空港の敷地外にある駐車場のほとんどは空港を運営する会社と関係ない民間会社の駐車場となります。
この敷地外にある民間の駐車場を利用する場合には、事前に業者のサイトなどにアクセスして予約などを入れておくなどしておきます。
その予約を入れた当日の車のアクセスは業者によって対応が異なります。
アクセス方法の1つは空港の入り口まで自分で運転をし、そこで駐車場のスタッフにカギを預けて駐車場のある場所まで代行回送運転をしてもらうやり方となります。
2つ目のアクセス方法は空港の敷地外にある駐車場まで自分で運転をし、そこから空港までは業者の手配したスタッフが運転する車に乗り込んでアクセスする方法となります。



成田空港駐車場は様々な種類があります

成田空港駐車場につきましては様々な種類がありまして、個々のメリット、あるいはデメリットも存在します。
空港内の駐車場においては近くて移動するのに使い勝手がよく、24時間体制で出入りができるというアドバンテージがあります。
しかしながら、賃料の高さがウィークポイントとしてあげられます。
民間パーキングはほとんどの場合賃料は安めですが、送迎を活用することになりますので、時間がかかるというウィークポイントがあります。
その他ロープライスの種類ではそっくりそのまま平地にセッティングする形になりますから、自動車自体が汚くなることもあります。
その一方で、それをフォローするためにフリーの洗車付きになっているケースもあります。
空港渡し、あるいはガレージ式であれば料金が割高ですが、労力がかからなかったり、セキュリティで安全性が高いといえます。



直営の成田空港駐車場でない駐車場を選択する利点

成田国際空港につきましては日本国内で最も大きい国際空港といえ、数多くの人が活用してます。
関東方面に居住している人が活用する場合自家用車で活用する人も数多く、その結果直営の成田空港駐車場が準備されています。
しかしながら直営の駐車場に関しては人気が集まっていて空きスペースが存在しなかったりコストが高いということも影響して、使用しようとしても確保できない場合も少なくありません。
こうした場合の選択肢としましては直営ではない近くにある駐車場を有効に活用する手段があります。
近辺の駐車場に関しましては直営駐車場と照らし合わせると距離のある所にあります。
しかしながら、その分だけ利用料金自体がリーズナブルに定められていますし、送迎も実施しているので、それほどまで不自由というものではないといえます。
更にあらかじめ予約することを通して値引を享受できるところも少なくないので一層お得に自家用車を預けることができます。

次の記事へ