【勝手にランキング】成田空港近隣の駐車場

HOME > 成田空港近隣の駐車場ランキング情報 > 成田空港を利用するなら車と電車どっちが良い?

成田空港を利用するなら車と電車どっちが良い?

成田空港を利用するには何らかの移動手段を必要とします。その移動手段としては公共交通機関を利用する場合とマイカー移動の大きく2つに分けることができます。まずマイカー自動車利用の場合の利点はなんといっても自宅から空港までの往復を乗り換えの手間なく移動できる点にあります。
そして同時にその間の移動の車内空間は自分たちだけであるので、その間で他人に配慮して静かにしておくなどといったことをしなくて済みます。さらに荷物も車の中に置いているので終始荷物を抱えていたり、他人に荷物を盗まれないかといった神経を使わなくて済みます。
そしてその車に多人数が乗れば乗るほど1人あたりの移動単価が安くなるので、うまくすれば公共交通機関利用よりも安くなる可能性があります。

しかし成田空港を車で移動するには駐車場を必要とします。無料の駐車場などはまずありえず、ほとんどは有料となります。この駐車場はたくさんありますが、一部では空港自身が管理する駐車場だけではなく、民間業者が空港から離れた場所で運営する駐車場もあります。空港から離れた場所で運営する民間駐車場の場合は、事前予約の上で専門スタッフが空港で待機していて車を預かり、駐車場と空港の間を代行で回送運転をすることになります。次は公共交通機関を利用する場合です。
この公共交通機関ではバス、タクシー、鉄道の3つに細分することができます。このうち鉄道利用をする場合はさらに2つの鉄道会社が運営をしています。1つはJR東日本、もう1つは京成電鉄となります。
どちらも電車であり、空港までは乗車券プラス料金券が有料の列車と乗車券だけで乗れる無料の列車があります。

そのうちJR線に乗る場合は東京駅から料金券が有料の成田エクスプレスと名乗る特急列車と乗車券だけで乗れる快速の2つがあります。なお東京駅の場合は地下の総武線乗り場となります。
一方で京成を利用する場合は京成上野駅から料金券が有料のスカイライナーという名前の列車と、乗車券だけで乗れる特急と名乗る列車が存在します。有料スカイライナーと無料特急は走行区間が違い、スカイライナーの場合は北総鉄道を経由して時間短縮をしています。
これら鉄道の利点は突発的な事故など輸送障害がない限りは道路移動に比べて定時運転の確率が高いことです。一方で道路移動の場合は慢性的な渋滞が目立つようになってきています。
また自分たち自身が車を運転して移動をしないでいいということにあります。そのため空港と自宅の間を運転のための疲労、駐車場預かりなどの手間を省けることにあります。これらでどちらが得かは料金だけの問題ではなく、利用する人の価値観次第となります。
ただ外国旅行や出張など1週間以上も留守にしておくなど長期になれば、駐車場管理の点で鉄道利用のほうがいろんな意味で得になる確率が高くなります。